給油器交換のタイミングと交換にかかる費用

キッチン

暮らしに欠かせないもの

作業員

水を温める仕組み

ガス給湯器は、お風呂やキッチンなどでお湯を使いたいときに欠かせないものです。ガスを燃焼させて水を加熱することで、水をお湯に変えてくれるからです。ガス給湯器がお湯を出す仕組みは、まず湯の蛇口をひねると給湯器の中に水が流れ込みます。給湯器のセンサーが、この水の流れを読み取り、ガスを燃やす空気をバーナーに送ります。そして、ファンモーターが回り出し、ガスがバーナーに送り込まれ点火します。このガスの熱が、ガス給湯器内を流れる水に伝わり、お湯になっていきます。給湯器には温度センサーが備えられていて、設定した温度になるように微細に調整してくれます。ガスの量や水の流れる量を細かく調節してくれるおかげで、快適に使えるお湯の温度になります。

交換する際の注意点

ガス給湯器というのは、電化製品と同じように次第に経年劣化していきます。一般的にガス給湯器の耐用年数は、だいたい10年から15年程度といわれています。なので、調子が悪くなったら、専門のガス店でガス給湯器の交換を行う必要が有ります。その際には、1つだけチェックしておきたいことが有ります。それは、ガス会社のガス給湯器の保証期間についてです。保証期間とは、ガス給湯器にトラブルがあった場合、無料で交換してくれる期間です。ほとんどの会社では、1、2年くらいの保証期間となります。しかし、なるべく10年くらいの保証期間で行ってくれる会社を利用したほうが良いです。長い保証期間が有るということは、交換工事の技術に確かな自信があるといえるからです。

Copyright© 2016 給油器交換のタイミングと交換にかかる費用 All Rights Reserved.